読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

単純なヤツ

「水泳・競泳情報のSWIMMING VIEW」管理者、okumurasvの極私的なblog

天草旅行2014夏 第2日目(7/31)奴寿司編

【天草旅行2014夏:目次】
準備編 | 計画編| 第1日目(7/30)出発編|第1日目(7/30)空港〜ホテル編|第1日目(7/30)夕食編|第2日目(7/31)イルカウォッチング編|第2日目(7/31)奴寿司編| 第2日目(7/31)天主堂編|第2日目(7/31)夕食編|第3日目(8/1)海水浴編|第3日目(8/1)お土産を買いに行く編|第3日目(8/1)シードナッツでイルカと戯れる編|第4日目(8/2)さようなら天草編|

奴寿司

五和町でイルカウォッチングを終え、昼食の予約をしておいた奴寿司へ
20分ぐらい。12時開店のところ、11時半に着いてしまった。(汗)
店の横が駐車場になっている。
昼食 奴寿司 予約入れるときに「小さな子供がいるので個室でお願いします。」と頼んでおいたら、和室の個室に入れてくれた。

このお店、料理評論家の山本益博氏(マスヒロ食時記)が、日本三大寿司と呼んだお店。
超期待して行ったわけです。
結論から言いますと、期待に違わぬ旨さでございました。
こちらの御寿司の特徴は、”醤油を使わない”ところ。
全ての御寿司を大将の一手間かけた薬味で食べさせてくれます

オーダーしたのは、「おまかせにぎり」4000円。
にぎり十二貫に赤だし、デザートが付いています。
それでは、スタートです!!

まずは、天草名物「うに」
臭みが無く、肉厚
昼食 奴寿司 うに

「いか」うに塩というものでいただきます。
昼食 奴寿司 いか

「くえ」くえの寿司というのは始めて食べた。
昼食 奴寿司 くえ

「たこ」たこの寿司でスパイシーな薬味というのは驚いた。粒胡椒がかかっている
昼食 奴寿司 タコ

「あぶったくえ」
昼食 奴寿司

「こはだ」天草で、こはだを食べられるとは思わなかった
昼食 奴寿司 こはだ

「車エビ」こちらも、天草名物。絶品の甘さ
昼食 奴寿司 車エビ

「あじ」これは熟成された味わい
昼食 奴寿司 あじ

「たい」これまた、天草名物
昼食 奴寿司 たい

「まぐろのたたき」これも、始めて食べた

これは何だったかな〜忘れたけど旨かったのは覚えている(笑)
昼食 奴寿司

「かんぱちのあぶり」これも旨かった
昼食 奴寿司 かんぱちあぶり

デザートは三種類から選べた。これは「和三盆のパンナコッタ」。
寿司屋さんなので、デザートには期待していなかったけど、かなりの旨さでした。
昼食 奴寿司 和三盆のパンナコッタ

我々は、個室でしたが、カウンターで大将と盛り上がる声が聞こえておりました。
次は、子供を抜きで、一杯やりながら食したいものです。