読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

単純なヤツ

「水泳・競泳情報のSWIMMING VIEW」管理者、okumurasvの極私的なblog

SEIKO×GIUGIARO(セイコー×ジウジアーロ)を買おうか悩んでる

世は12月。年末。
何かとせわになくなってくる時期。
そして、1年の総決算の時期。
皆さん充実した、1年でしたか?
私?

先日、どうしても欲しい仕事が取れたのでなんとか気持ちよく年末を迎えられそうです(ただし、年度末の売り上げ目標までは、遠い道のりですが....by 営業マン)。

で、年末と言えば、クリスマス。
クリスマスと言えば、プレゼントなわけです。
皆さん、どんなプレゼントが欲しいですか?
「現金」という夢の無い話は無しですよ。

40を過ぎると、欲しいプレゼントってなかなか難しい。
欲しい物は沢山在るけれど自分の分相応の物で無くては成らない。
かといって、ケチってはクリスマスらしくない。
奥さんに任せておくと、自分の趣味と合わない(汗)
というわけで、「自分へのプレゼント」をうんうん言いながら調べる今日この頃。まあ、この調べる作業が楽しいわけですが。

とりあえず、昨日、自分へのプレゼント候補が見つかったので報告です。

それが、「SEIKO×GIUGIARO DESIGNセイコー×ジウジアーロ)Limited Edition」

セイコー×ジウジアーロ・デザイン限定モデル

私は、もともと時計が好きで、IWCポルトギーゼ、
IWC ポルトギーゼ・オートマティック

台湾で買ったTUDORのヘリテージクロノ
TUDOR(チュードル)ヘリテージクロノ Ref.70330N

などを愛用している。
どちらも、素晴らしいデザインで気に入っている。
しかし、結構高級な時計だ(あくまで、私の基準。時計好きの中では100万以上を高級腕時計というようだから、二つとも高級腕時計とは言えない)。使用にはそれなりに気を使う。

気楽に、使えてそれなりに高級感のある腕時計がほしいな〜
海外製の時計ばかりなので国産の時計が欲しいな〜とは思っていたけどG-shockはちょっと子供っぽい、SEIKOは垢抜けない。
と、なかなか気に入らなかった。
だけど、これだったらいいかな〜と。「SEIKO×GIUGIARO DESIGNセイコー×ジウジアーロ)Limited Edition」

1983年、セイコーは世界初のアナログクオーツ クロノグラフモデルを世界で最も有名なカー&インダストリアル・デザイナー「ジョルジェット・ジウジアーロ」によるデザインで発売しました。

左腕に着けた状態での操作性を良くする意図で、時計の中心とバンドの中心をオフセットした独特な造形の非対称デザインや、2時位置と4時位置に配置された大型ボタンなど、ドライバーが自然な流れで操作できるよう、細やかな配慮を積み重ねて生み出されました。

セイコーの機能美を追求したデザインとして注目を集め、今もなおスタイリッシュな存在感を放つそのデザイン。今作は80年代当時のモデルを ベースに、より現代的なカラーリングに一新した限定モデルです。「四輪車・二輪車ライダーの腕に良く似合うウオッチ」をコンセプトに開発されたデザイン を、ぜひ体感ください。

仕事の関係上、車に乗る機会も多いし、心がかなり揺れております。
お値段も3万円からと、手の出る範囲内。
むむむむむ〜と成ったわけ。
とりあえず、自分へのプレゼント候補最有力で、キープとします。